一般高圧ガス:フルオロカーボン(Fluorocarbon)

ホーム取扱商品一覧一般高圧ガス>フルオロカーボン

一般高圧ガス

取扱い商品一覧へ 一般高圧ガストップへ お問い合わせ

フルオロカーボン(Fluorocarbon)

フルオロカーボン(フロン)はフッ素で置換されている炭化水素の総称で、用途は冷媒・噴射剤・溶剤などに広く使われています。
過去に製造されていたクロロフルオロカーボン(CFC)は大気中でほとんど分解せず、オゾン層の破壊に大きな影響が出ること(地球温暖化)が明らかになり、現在では、代替フロンとして「ハイドロフルオロカーボン」(HFC)や「ハイドロクロロフルオロカーボン」(HCFC)が使用されています。
しかし、HFCも大気中の寿命が長い物は地球温暖化へ影響を及ぼすとされ、使用する設備・用途に合わせて使用し、フロンの回収利用を行ったり、大気中に放出させない構造を取るなど環境に配慮した利用法が求められています。

化学式 -----
種 類 HCFC R-22・R-123
HFC R-134a・R-410A・R-407C
燃焼性 ほぼ不燃性 ※H/F比率が1を超える物は空気中で可燃性
荷 姿 シリンダー
用 途 冷凍・冷房機器の冷媒
精密機器・電子機器部品の洗浄剤
フッ素樹脂の原料

日化トレーディング株式会社
営業部 ガスグループ
TEL:0246-53-4133 FAX:0246-54-4334
メールフォーム